×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お金借りられない どうにか 借りる

「お金を貯めたい」は良いことか?

お金に対して一番悩まれるネタは恐らく「お金がない」と言うことではないでしょうか。何をするにしてもお金が必要なこのご時世、逆に言えばお金がなければ何も出来ないという人も多くいらっしゃるものです。

 

 

 

では、それに次いで多い悩みというのは考えたことはないでしょうか。実は「お金を貯めたい」と思うことも一つの悩みとして捕えられているようです。

 

 

 

理由としては、お金を貯めたいという願望に終わりが無く、尚かつ溜まったことに対する安心感からなかなかそのお金を使いだすことが出来ない為のようです。お金は貯めることも非常に大切なことではあるのですが、ただただ貯めて行くだけで利用しなければ言い方は悪いかもしれませんが宝の持ち腐れです。

 

 

 

お金に対しての価値観というのは実に人それぞれです。利用する方が賢い、貯める方が賢い、お金は自分の為に使うべきだ、はたまた他人にも多く使うべきだ。それらの意見が合致することは正直まれです。それでも多くの人はお金は稼ぐ物だと分っています。稼ぐと言ってもそこまで莫大な金額という訳ではなく、あくまでも自分が生活を潤すことができると感じられる金額までは自力で稼ぐしかないと分っているのです。

 

 

 

だからこそ、お金を貯めたいと悩む人もいらっしゃるのでしょう。現代では年金が今後支給されるのか分らない、消費税がどんどん上がって行くのではないかとお金に対しての不安要素がたくさん渦巻いています。その中で不安を払拭する方法というのがお金を持っておく、つまり貯めておくということです。

 

 

 

お金を持っていなければ何も出来ず、何なら出費がどんどんと公的に増えてくるという現象がそうした不安をあおっているのではないかと常々感じます。そうすることで箪笥貯金や溜め込みが発生すれば、それこそデフレスパイラルですよね。

 

 

 

お金は使うことだけが偉い訳でもなく、だからといって溜め込むことばかりが賢い訳ではありません。適度に使い、安心できる程度に貯金をする賢い方法はきっとあるはずです。